[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2019年10月19日(土)

#生誕110年 25日は誕生日。祝おせんべいを配ります

26日4時~この秋2度目のミュージアムコンサートもあるよ26日4時~この秋2度目のミュージアムコンサートもあるよ

 こんにちは、スタッフKです。8月~10月にかけて、当館で様々なイベント等が開催されました。堤勝雄先生「弟子が語る土門拳」、第25回酒田市土門拳文化賞授賞式及び歴代受賞者による友の会交流会、曾田瑞樹ミュージアムコンサート(ヴィブラフォン)、第38回土門拳賞受賞高橋智史氏のギャラリートーク。いずれも、心動かされるシーンばかり。土門拳記念館が彩られました。そうこうしているうちに、秋が深まり、酒田の空を飛ぶ白鳥の声が響く季節となりました。


さて、来週25日は、いよいよ土門拳の生誕110年のお誕生日です。当館では、お祝いとして、1025日ご来館の皆様先着100名様に、その日限りのオリジナル祝おせんべいをプレゼントいたします。

最近はあまり目にしませんが、昔は建前(家を建てる時)のお祝いに屋根からお餅やお金を撒きました。近所で新しく家が建つときは、何日に餅まきが行われるか、ドキドキしながら楽しみにして待っていたものです。餅や五円玉を拾った帰り道、紙袋の底が破れて中身がすっかり道端に落ちてしまってべそをかいたことも昭和の懐かしい思い出です。

そんな風に、土門拳のお誕生日をお祝いする気持ちで、おせんべいをお配りします。また、エントランスでは酒田の草月流による祝花も飾っていただきます。おせんべいはその日限りのレアものですので、ぜひいらしてゲットしてください。お待ちしております。


2019/10/19 17:30 | 記念館あれこれ | コメント(0)

2019年08月17日(土)

#生誕110年 土門拳の撮った2冊のアルバム

あっついですね。飯森山公園も蝉の大合唱。あっついですね。飯森山公園も蝉の大合唱。

こんにちは、スタッフKです。暑い毎日ですが、うれしい話題をひとつ。去る5月に当館が放映されたNHKEテレ日曜美術館が「アートシーン特別編」として再放送されます。前回見逃した方も、ぜひご覧くださいね。


さて、現在当館では「生誕110年 土門拳 鬼が撮った日本」展を開催中で、土門が使った大型カメラや、絵や書、骨董コレクションなど、いつもはなかなかご紹介できないものも展示中です。中でも、ガラスケースに展示中の「東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大)卒業記念アルバム1936」と「早稲田大学卒業記念アルバム1937」の2冊は超レア。


早稲田のアルバムの方は、10年前に岩波書店から「土門拳の早稲田1937」として復刻出版されたので、復刻版をご覧になった方もいるかもしれません。土門自身もまだ日本工房に入りたての青春期、学生たちとうちとけ、学内だけではなく下宿や銭湯など学生のプライベートまでも、自由に生き生きと活写し、文章も添えています。若き土門の才気がほとばしる、これは卒業記念アルバムを超えた「写真集」です。


東京女子高等師範学校の方は、このアルバムを当館に1990年頃に寄贈してくださった藤原美智子氏の著書「こころはいつもギャルソンヌ 私とミカの店の物語」(グラフ社刊)に詳しく書いてあるのですが、学生だった藤原さんご本人が、「日本工房」のグラフィック誌「NIPPON」に魅かれ、「ぜひ、私たちの卒業アルバムを作ってください」と日本工房主宰の名取洋之助氏に直談判して製作されたものだそうです。まだ昭和11年。その頃日本では珍しい透明プラスチックの表紙で、写真を大きな印画紙に焼き付けたプリントが、そのままリングで綴じてある、デザインも洗練された画期的なアルバム。多忙の名取氏に代わり、ほとんどは土門拳が撮影し、藤原さんも助手として走りまわったそうです。青春の喜び、勢いがしっかりと写っているこのアルバム。展示は、来月23日まで。ぜひ、お見逃しなく。


続きを読む...

2019/08/17 15:29 | 土門拳あれこれ | コメント(0)

2019年07月27日(土)

#生誕110年 土門拳 鬼が撮った日本

今朝のハス。3つの花はもう午後には散るでしょう今朝のハス。3つの花はもう午後には散るでしょう

こんにちは、スタッフKです。


久しぶりにブログ書かせていただきます。先月当地は大きい地震がありましたが、お陰様で作品も館も職員も被害はありませんでした。地震の後には、全国各地の皆様から「大丈夫?」とお電話やメールをいただき、改めて、こんなに多くの方に応援していただいているのだとありがたく力強く感じたところでした。本当にありがとうございました。まだ復旧していない地域の皆様、また、他地域でも数々の災害等に見舞われた方々、一日も早く安心な日常が戻りますようお祈りいたしております。

つい3日前、当館で咲く中尊寺ハスの蕾が3つ、ふわっと開きました。このハスについては、当館HPの「奇跡の中尊寺ハス」に詳しく掲載中ですが、令和初の開花、何といっても800年の時を超えて咲く花は美しく、歴史ロマンを感じます。


さて、先週から当館では「生誕110年 土門拳 鬼が撮った日本」展を開催中です。酒田で生まれ、24歳で写真と出会い、独自のこだわりで日本の写真文化を切り開いていった「写真の鬼」土門拳。今回の展示では、生涯に遺した名作の数々とともに、実際に使ったカメラや道具、絵画や書、骨董コレクションなど、いつもは公開していない貴重なものも展示しております。先日いらした方が入館前に受付で「どうしてタイトルが鬼なの?」と尋ねられましたが、帰る時には「鬼の意味がよくわかりました。すごいですね」と感想を言われてお帰りになりました。


831日には、土門拳と寝食を共にし、執念の撮影の助手をつとめた堤勝雄先生に土門拳を語っていただくイベントを開催します。お話から生きた土門拳の魅力、人間像を感じることができるでしょう。どうぞお楽しみに。


続きを読む...

2019/07/27 10:02 | 最近のあれこれ | コメント(0)

2019年05月21日(火)

#日曜美術館#土門拳記念館

久しぶりの雨に土門拳が好きな「みやこわすれ」の花もほっ♥久しぶりの雨に土門拳が好きな「みやこわすれ」の花もほっ♥

こんにちは、スタッフKです。


今度の日曜日(令和元年526日)、NHK日曜美術館で土門拳記念館が紹介されます!日曜美術館といえば、もう何十年も前から人気の「美術番組の王様」でしょう。その王様が当館にいらしてくれたのですよ~うれし~い!


実は日曜美術館がアートシーン以外の本篇で当館を取りあげてくださるのは3度目と思います。一度目は何と平成元年5月28日、NHK「日曜美術館 美術館への旅・土門拳記念館」で、出演は文筆家の草森紳一さん。記念館を歩きながら土門作品を語ってくださいました。放送後、確実に入館者が増えて「日曜美術館ってスゴイ番組なんだなあ」と思いました。確かその数年後にもう一度取り上げていただき、そして今回、令和の幕開けと共に再び取り上げていただけて、本当にうれしいです。


番組名は「日曜美術館 にほん・美の地図~山形」で、番組MCで芥川賞作家の小野正嗣さんが「歴史・文化・風土・自然」をキーワードに、その土地のアートスポットを紹介する紀行シリーズ。45分の番組中に山形県内の3つのスポット≪山形市郷土館、土門拳記念館、大石田町次年子窯≫が紹介されます。


NHKスタッフの皆さんは4月中に取材にいらしてくださいましたが、4日間もかけて酒田市内含め土門拳記念館を取材してくださいました。テレビ番組ってこんなにこだわって、丁寧に作られるのだなと感心。ずっと天気が悪く、寒くて雨風で大変でしたが、最終日には雨も上がって、公園の八重桜も咲き始め、ホッとしました。

番組では、小野さんと共に藤森武先生も登場します。もしカットされていなければチラッと私も? ぜひご覧くださいね。


2019/05/21 16:20 | 記念館あれこれ | コメント(0)

2019年05月04日(土)

話題の「#東寺展」、さて当館では…

今日の飯森山公園。青空に鳥海山と八重桜が美しい!今日の飯森山公園。青空に鳥海山と八重桜が美しい!

こんにちは、スタッフKです。


10連休も後半へ。令和フィーバーたけなわですが、あなたは、どこでどう過ごしましたか?私は、ここで連日多くのお客様をお迎えしています。この特別な節目に土門拳記念館にお越しの皆様、ありがどの~。公園の八重桜も今が真っ盛りです。


さて、上野のトーハク(東京国立博物館)では現在、特別展「国宝東寺―空海と仏像曼荼羅」が開催され、ずいぶん人気のようですね(62日まで)。土門拳も東寺を1940年、1943年頃、196465年とたびたび訪れ、多くの作品を残しています。寺の佇まい、数多くの仏像、絵画、書、仏具と土門拳にとって東寺はまさに宝の山!撮りたいものが山ほどあったでしょう。これらの作品は、昭和401965)写真集「大師のみてら 東寺」として東寺文化財保存会から発刊されています。


当館でも、土門が東寺を撮影した作品を数多く収蔵しています。平安初期から変わらない広い境内に建つ建築群、仏像界きっての(?)イケメン仏像と名高い帝釈天や梵天像、迫力の不動明王や持国天、肖像画や曼荼羅を描いた絵、書「風信帖」、土門先生が最も気に入ったという観智院の簀子縁(そして、その廊下に打たれてある和釘)、唐時代から伝わる楽器や靴などの密教法具、などなど。こだわりの眼で捉えた作品が残されています。が、今はその中から、1点だけ「東寺講堂内陣諸仏」を展示しています。たった1点ですが、荘厳な立体曼荼羅の世界が、写真から静かに立ち上がるよう。写真の中にある時空に吸い込まれそうな気がします。


続きを読む...

2019/05/04 09:42 | 最近のあれこれ | コメント(0)

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]

ページトップ

土門拳記念館 since 1983 © Ken Domon Museum of Photography.

〒998-0055 山形県酒田市飯森山2-13(飯森山公園内) ☎ 0234-31-0028(FAX共通)
このサイトにおける画像・テキスト・その他のデータはダウンロード及び、他サイト等への転載またが印刷物等への二次使用を禁じます。