近藤勇と鞍馬天狗(1955)

土門拳は、昭和20年代後半から30年代初頭にかけて、精力的にこどもを撮影しました。みんな貧しく、でも元気いっぱい眼を輝かせて遊ぶこどもが町にあふれていた時代。
土門はとりわけ東京の下町のこどもたちを愛し、キャラメルをポケットにしのばせては、かれらの中に溶け込んで生き生きした姿を写真に撮りました。
またそれ以前からも、日本の各地を訪れた際に、行く先々でこどもたちの姿を活写しています。土門が根っからのこども好きであったからに違いありません。
足の踏み、手のかまえ、肩や腰のひねり、さまざまな表情。こどもに対する愛情が、躍動感あるたくましいこどもの姿、心を捉えています。

ベーゴマ(1953)

紙芝居(1953)


ページトップ

土門拳記念館 since 1983 © Ken Domon Museum of Photography.

〒998-0055 山形県酒田市飯森山2-13(飯森山公園内) ☎ 0234-31-0028(FAX共通)
このサイトにおける画像・テキスト・その他のデータはダウンロード及び、他サイト等への転載またが印刷物等への二次使用を禁じます。