信楽 灰かぶりの壺 銘おぼこ(1963)

昭和37(1962)年、それまでやきものはあまり好きではなかった土門拳は、美濃古窯探訪をきっかけにやきものに開眼したといいます。美濃大萱の里で絵志野の陶片を見、丹波三本峠で穴窯を見、有田泉山で鏨の痕跡を見て、縄文・弥生から連綿とつづく日本の「古代的なるもの」を感じとり、引きつけられたのです。
好きになるや、凝り性の土門のこと、一気呵成に信楽、丹波、常滑、九谷、伊万里、瀬戸、備前などを撮り歩き、陶片や壺や甕を求める「古窯遍歴」は続いてきました。
そうして撮りためた写真は、昭和49(1974)年に写真集『古窯遍歴』(矢来書院)として出版されました。

古九谷 青手扇面図の平鉢(1965)

瀬戸 ゆどの初め図の石皿(1963頃)


ページトップ

土門拳記念館 since 1983 © Ken Domon Museum of Photography.

〒998-0055 山形県酒田市飯森山2-13(飯森山公園内) ☎ 0234-31-0028(FAX共通)
このサイトにおける画像・テキスト・その他のデータはダウンロード及び、他サイト等への転載またが印刷物等への二次使用を禁じます。