2017年11月20日(月)

2018土門拳カレンダー、表紙は「運慶」展でも人気の高山寺仔犬だよ

2018カレンダー、戌年にぜひ2018カレンダー、戌年にぜひ

こんにちは、スタッフKです。寒くなってきましたね~、今日の酒田は雪がちらちら。これから本格的な冬がいよいよ迫ってきます。あ~、また錆びついた体に鞭打って雪かきしなくっちゃ。


冬と聞けば、年賀状やカレンダーも気になる季節です。当館では毎年土門拳オリジナル壁掛カレンダーを出していて、2018年版で15作目。毎年、ご自分用だけではなくお歳暮やクリスマスプレゼント用に買ってくださる固定ファンの方も多数いらして本当にありがたいです。

今回のテーマは「土門拳写真の旅 高雄・神護寺 栂尾・高山寺」。土門拳が一番好きという神護寺の薬師如来や高山寺の紅葉など、カラー作品8点掲載。表紙は来年の干支にちなんで、高山寺の仔犬です。


この仔犬像、今、東京国立博物館で開催中の特別展「運慶」でも展示されています(26日まで)。「仔犬」は運慶ではなく、息子の湛慶作なのですが、「運慶」展の中でも、とーっても人気なんだそうです。「運慶」展は先日40万人を突破したほど大盛況なので、ご覧になった方も大勢いるでしょう。


土門拳は、よく高山寺を訪れた際、縁側に座って、この仔犬像の頭をなでていたそうですが、写真界の巨匠で身体も大きい土門拳が、小さい木彫りの仔犬を抱いて、なでている姿を想像すると、思わずクスっと笑っちゃいます…、それから、当時そんなことができたっていうのがまたびっくりですね。重要文化財なのに…?


当館カレンダーは今のところ、まだ在庫が充分ございます。全国への発送も承っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。お待ちいたしております。


2017/11/20 17:52 | 記念館あれこれ | コメント(1)

2017年10月01日(日)

祝☆開館記念日、今日からブログ始めま~す

今朝の土門拳記念館今朝の土門拳記念館

こんにちは、スタッフKです。今日からブログを始めることになりました。

初めは土門拳のことも写真のこともほとんど何も知らずにここに来た私ですが、以来三十数年…、誰よりもここで一番長く息をしている人間(もしかして妖怪?)であることに間違いはありません。土門拳記念館のあんなこと、こんなこと、今のことや思い出も含めて時々書かせていただきますので、どうぞよろしく。


さて、本日10月1日は、土門拳記念館の開館記念日です。

1983年(昭和58年)10月1日、土門拳を取り巻く様々な方々のご苦労ご協力、そして愛情のたまものとして、土門拳記念館は開館しました。残念ながら土門拳自身は東京虎の門病院で意識不明のまま入院中。当日9時50分にたみ夫人らが主要展示室でテープカットを行い、めでたく待望のオープンとなりました。その日の酒田は空晴れ渡る日で…とはいかず、ものすごい雨風で大変な日だったようです。

引き続き、会場を文化センターに移して完工式典が行われましたが、なんとその式典の最中に、ものすごい大きな雷が落ちて、酒田市内全部停電になり、30分くらい式が中断しちゃったんだそうです。でも式典に参加した約400人の関係者は驚くことなく「ああ、土門拳が雷神となって酒田にやってきた。東京で身体は眠っている土門の“魂”が酒田まで飛んできたんだ。」ってみんな本気で思ったそうです。強烈な個性で皆の心をつかみ、鬼と呼ばれた土門拳にふさわしいエピソードですね。


さあ、今日の酒田は34年前とは違い気持ちのいい秋晴れが広がってきました。今日は開館記念日を祝して、一日中、午後5時まで無料開放いたします(4時半まで入館可)。お近くの方はどうぞいらしてください。お待ちしております。

2017/10/01 08:53 | 記念館あれこれ | コメント(0)


ページトップ

土門拳記念館 since 1983 © Ken Domon Museum of Photography.

〒998-0055 山形県酒田市飯森山2-13(飯森山公園内) ☎ 0234-31-0028(FAX共通)
このサイトにおける画像・テキスト・その他のデータはダウンロード及び、他サイト等への転載またが印刷物等への二次使用を禁じます。