[1]   2   >>   
2018年08月02日(木)

猛暑の夏。土門の「ヒロシマ」で《感じない罪》について考える

祈りの古代ハス。今年3個目の蕾が、明朝は咲くかな?祈りの古代ハス。今年3個目の蕾が、明朝は咲くかな?

こんにちは、スタッフKです。


「あっちぇの~(庄内弁で暑いですね)」が挨拶となって、かなりたちました。いったいいつになったら雨が降るんでしょう。当館日誌によれば、712日〈曇り時々雨〉でちょっと降って以来、酒田に雨は全然降っていません。中尊寺から株分けしていただいた古代ハスの花も鉢への水やりが大変。当館の庭「流れ」の笹や木も、入口付近の芝も、もう悲鳴を上げています。猛暑と言っても酒田は他地域よりはまし。でも「少しは雨降ってよ~、但し豪雨はやめてね」と、天に祈っている今日この頃です。


さて、当館では現在、土門拳二大ドキュメント「筑豊のこどもたち」と「生きているヒロシマ」を展示中です(101日まで)。土門は昭和32年、そしてさらに10年後の昭和43年に「ヒロシマ」を撮影し発表しました。原爆投下12年後に初めて広島の地を踏んだ土門の言葉があります。


「ぼくは、広島に行って、驚いた。これはいけない、と狼狽した。ぼくなどは『ヒロシマ』を忘れていたというより、実ははじめから何も知ってはいなかったのだ。今日もなお、『ヒロシマ』は生きていた。それをぼくたちは知らなすぎた。いや正確には、知らされなさすぎたのである。」1958年研光社刊「ヒロシマ」はじめに (部分抜粋)

作品の中には正視が苦しい写真もあります。しかし、見なければいけない、感じなければいけない、死んだ人生きる人の現実・思いを想像しなければいけない、と自分の尻を叩きます。戦後73年たった現在も「ヒロシマ」は続いています。そして、広島だけではなく、長崎も、福島も、沖縄も、さらに……。私たちは「知らない」「感じない」罪をもっと自覚すべきだと、土門の写真を見て、考えさせられるのです。


2018/08/02 14:58 | 最近のあれこれ | コメント(1)

2018年07月08日(日)

呈茶とコンサートで至福の時間

楽之会によるあじさい呈茶楽之会によるあじさい呈茶

こんにちは、スタッフKです。連日の大雨災害、御地は大丈夫でしょうか。被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。一日も早く日常の暮らしに戻ることができますよう、お祈りいたしております。


当館では昨日、あじさい呈茶とミュージアムコンサートを開催しました。毎年、紫陽花の季節に開いているこの催しも徐々に定着し、毎年楽しみと言って下さる方も増えてきました。私も勅使河原の庭「流れ」が見える椅子に座り、抹茶と涼しげなお菓子をいただきました。夏のしつらえも美しく、いつもの展示室がまた一段と心地よい空間に。ああ~、美味しい、癒される~。


そして、夜は楽しみにしていたコンサート「IRI special 七夕LIVE」。IRI(アイリ)さんは、日本やニューヨークでLIVE活動をしているシンガーソングライター。昨日はこのコンサートのために、かわさき産業親善大使の鈴木よしえさんとともに、はるばるいらしてくださいました。キーボードを自在に弾きながら、美しくカッコいい歌声が館内に響き渡ります。


コンサート中、私はとっておきの経験をしました。メインの会場(主要展示室)からそっと離れ、奥の記念室の椅子に一人座りながら、館内に響くIRIさんの歌声を聴いていたのです。目の前には、夜のライトアップされた紫陽花の庭と静かに光る拳湖の水。もう、至福の時間でした。一応、仕事中なのに、私ばっかり、こんなに良い思いをしてよかったのでしょうか?すみません、許してくださいませ。


IRIさんの歌声は下記で見る(聞く)ことができます。また、826日は四谷天窓comfort.で、98日は仙台市天文台でLIVEがあるということです。

Official web:irivoice.com      Facebook:IRI.music.jp.singer 

   Instagram: irivoice        Twitter:IRIvoice

 

実は、残念ながら今年の公園の紫陽花は天候のせいか、例年に比べてきれいに咲けないまま、もう終わりそうな場所もあるのですが、館内のガラス窓から遠くに見えるところは、まだきれいに咲いています。飯森山公園に来たら、ぜひ館内にお入りくださいますよう、お待ちしております

続きを読む...

2018/07/08 11:03 | 最近のあれこれ | コメント(0)

2018年05月28日(月)

それぞれのおやじへの愛が詰まっていた!

昨日行われた対談イベントでの林先生と藤森先生昨日行われた対談イベントでの林先生と藤森先生

こんにちは、スタッフKです。

昨日、当館では、特別展 昭和の目撃者「林忠彦VS土門拳」にあわせて、写真家として活躍中のお二人、林義勝先生と藤森武先生の対談イベントを開催しました。父・林忠彦の晩年の名作「東海道」の撮影に同行した林義勝先生と、土門拳の内弟子で当館学芸担当理事の藤森武先生の対談。お二人の言葉には、「昭和の写真家、林と土門の残した仕事の意味」、「写真とはどういうものか」ということを考えるうえで重要なキーワードがたくさん詰まっておりました。何よりも、それぞれの「おやじ」への愛、思いがあふれていて…。しみじみ、人の思いが仕事をつくる、人生をつくる、社会をつくる、歴史をつくる…。うまくは言えませんが、この記念館の空間も、そういうもの《 … 》でできている気がして、胸が熱くなりました。特別展はまだまだ717日まで開催中ですので、ぜひ、林×土門の「対決」を見に来てください。お待ちいたしております。

さて、今日はもう一つ書きたいことがありまして。先日から当館記念室で「第45回土門拳杯入賞作品展」を展示しています。これは、酒田のアマチュア写真愛好家の集まりである全酒田写真連盟主催のコンテスト上位入賞作品です。この知られざる「土門拳杯」について、もっといっぱい書きたかったのですが、本日はとりあえず、その展示は今月31日で終わりますよ~、見に来てね~ということだけで。「土門拳杯」について、詳しくは、また次回に。こんなつたないブログですが、次回もぜひ読んでくださいませ。


2018/05/28 17:05 | 最近のあれこれ | コメント(0)

2018年03月31日(土)

春のお出かけにぴったり。土門拳記念館も載っている3冊の本をご紹介します

春におすすめ3冊の本と、傘福の猿ぼぼ(災難がサル縁起物)春におすすめ3冊の本と、傘福の猿ぼぼ(災難がサル縁起物)

こんにちは、スタッフKです。春です。東京は桜が満開だそうですね。酒田の満開はもう2週間くらいかかるでしょうか。ここ飯森山公園には八重桜の木がたくさんあって、毎年4月末から5月初めは、池の周囲がぐるっとピンク色に染まり、青空に鳥海山が映える日は、それはそれはきれいです。


春になると急にあちこち出かけたくなります。この季節、幼い頃は母に「早くスカートはきたい~」とせがんだものでした。雪が溶けて、ズボンじゃなくスカートをはいて、ちょっと外へ出るのが本当に楽しみでした。


最近、そんな春にぴったりの3冊の本で、相次いで土門拳記念館を紹介していただきました。1冊目は浦島茂世さんの書かれた『企画展だけじゃもったいない 日本の美術館めぐり』(G.P.)。行列や混雑の超有名企画展をわざわざ見に行かなくとも、美術館を「普段使い」で気軽に楽しむポイント満載です。2冊目は、はあちゅうさんの『12日で憧れを叶える!サク旅<国内編>』(SDP)。人気ブロガーのはあちゅうさんが、たった12日の心ときめくおすすめ旅を紹介。3冊目は、『ことりっぷ 山形・米沢・鶴岡・酒田』(昭文社)。〈週末に行く小さな贅沢、自分だけの旅〉ってのがいいですね。そうだね、そんなに遠くまで行かなくても、ちょっとした「旅」が楽しそう。

私も時間が無いとかばっかり言ってないで、今度の休みに、ちょこっと行ってみようかな~!皆さんも、ぜひ!


2018/03/31 17:23 | 最近のあれこれ | コメント(0)

2018年01月08日(月)

「大河ドラマ『西郷どん』いよいよ開始!」って、何で土門拳記念館と関係あるの?

ドラマとは関係なく、今朝の飯森山公園から見た鳥海山です。ドラマとは関係なく、今朝の飯森山公園から見た鳥海山です。

こんにちは、スタッフKです。


 昨夜から、いよいよNHK大河ドラマ『西郷どん』」始まりました。主役の鈴木亮平さんが青空に向かってジャンプする姿、勢いありますね!薩摩の景色がきれい。小吉くんの涙がたまらないっ。渡辺謙さんや、昔の「蒲田行進曲」を思い出させる風間杜夫さん、平田満さん、松坂慶子さん、その他にも豪華キャストにワクワク。って、んんんっ?どうして、土門拳記念館のブログで、『西郷どん』なの??って、トーゼン思いますよね。えーとですね、それは、私がドラマ好きだから…ではなく、西郷隆盛(南洲翁)をまつる南洲神社が、土門拳記念館のすぐご近所にあるからなんです。


酒田に暮らす大多数の人にとっては、これまでは西郷隆盛と庄内が縁のある地だということは「何となく知っていた」という感じでしょうか。ここ、飯森山のすぐ近くの道路に「南洲神社」の看板があります。土門拳記念館で「南洲神社ってどこですか?行き方教えてください」と、以前はたまーに(年に1、2回?)尋ねられるくらいだったのが、昨年ドラマ『西郷どん』が話題になりはじめた頃からか、しょっちゅう聞かれるようになり、窓口では案内図を用意しました。


これから、大河ドラマがますます話題になって、縁のある庄内にたくさんの方がいらっしゃいますように。そして、ぜひ、南洲神社からすぐそこの土門拳記念館にもお寄りくださいますよう、お待ちしています。

それはともあれ、ドラマ、楽しみっ!


2018/01/08 10:15 | 最近のあれこれ | コメント(0)

[1]   2   >>   

ページトップ

土門拳記念館 since 1983 © Ken Domon Museum of Photography.

〒998-0055 山形県酒田市飯森山2-13(飯森山公園内) ☎ 0234-31-0028(FAX共通)
このサイトにおける画像・テキスト・その他のデータはダウンロード及び、他サイト等への転載またが印刷物等への二次使用を禁じます。