2018年09月08日(土)

土門拳もたくさん撮った、今話題の藤田嗣治!

復刻版「猫と女とモンパルナス」(株)オクターブ復刻版「猫と女とモンパルナス」(株)オクターブ

こんにちは、スタッフKです。この一か月、ブログはご無沙汰でしたが、その間、猛暑、豪雨、台風…と日本中次々に怖い酷いことが続き、もうそろそろ勘弁して、という時に北海道の大地震。各地で大変な思いをされた方々に心からお見舞い申し上げます。少しでも穏やかな日々が早く戻りますよう願うばかりです。こんな大変な時に文化芸術なんて…と思われるかもしれません。でも、ほんのちょっぴり落ち着いたら、余裕が無い時こそ、身近に少しほっとできる時間・空間があり、それが「土門拳記念館」だったらいいな、という気持ちで日々皆様をお待ちしております。


さて、最近の話題と言えば、藤田嗣治です。当館での土門拳写真展「藤田嗣治 日本での日々」はすでに7月で終わってしまいましたが、今、東京都美術館(~10月8日まで)の大規模な展覧会「没後50年 藤田嗣治展」をはじめ、他にも企画展や新聞雑誌、またテレビ(先日の「ぶらぶら美術・博物館」や明日の「日曜美術館」など)でも大きく取り上げられ、新たな出版も相次いでいます。フジタの絵画はもちろん、手作りの額や小物など、魅力たっぷりですね~。私も大好きです。

土門拳の写真が数多く載っている藤田嗣治の本に、昭和43年にノーベル書房から発刊された「猫と女とモンパルナス」がありますが、長く絶版だったこの本が、このたび緊急復刻出版されました!!(「猫と女とモンパルナス」 定価5,000+税 ㈱オクターブ」)

土門は後に「パリの藤田も撮っておきたかった」と言っていますが、実際撮ったのは昭和16年頃から24年までの日本での姿です。年譜を見ると土門は若き30代、23歳年上の藤田はすでに熟年。「君には手法を盗まれる心配がないからな」と平然とアトリエや日常の細部まで撮影を許したという藤田。土門の写真には、絵画とはまた違った、生きた人間「藤田嗣治」の魅力(魔力?)が写っています。また、藤田作品の特徴の一つである「乳白色の秘密」が土門の写真にはっきりと写っていた「あるもの」で明らかになったことも、有名な話です。


 藤田展は、東京の次は京都国立近代美術館(1019日~1216日)に巡回です。私も、東京か京都、どっちか絶対見よう!というのが、この秋の楽しみです。


2018/09/08 11:51 | 最近のあれこれ | コメント(0)

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント
画像認証
※上の画像に表示されている英数字を入力してください

ページトップ

土門拳記念館 since 1983 © Ken Domon Museum of Photography.

〒998-0055 山形県酒田市飯森山2-13(飯森山公園内) ☎ 0234-31-0028(FAX共通)
このサイトにおける画像・テキスト・その他のデータはダウンロード及び、他サイト等への転載またが印刷物等への二次使用を禁じます。