2019年04月21日(日)

#平成から令和へ

今日は曇天。満開のソメイヨシノも少しさびしげ今日は曇天。満開のソメイヨシノも少しさびしげ

こんにちは、スタッフKです。


酒田市内は桜が満開、ソメイヨシノは少し散り始めてきました。土門拳記念館のある飯森山公園には、これから池の周りに八重桜が咲きます。毎年、鳥海山に映える八重桜の美しいこと!今はまだ早いですが、多分もう1週間くらいで咲くでしょう。ぜひ、見に来てください。


さて、いよいよ平成から令和へ、歴史的な改元の日が近づいてきました。どこでも「平成の思い出」の話題でもちきりですが、我が土門拳記念館では、何といっても天皇皇后両陛下にお越しいただいたことが思い出されます。平成14年全国植樹祭で山形県を訪れた天皇皇后両陛下は、63日、土門拳記念館にいらしてくださいました。その日は好天で、鳥海山のまあ美しかったこと。「古寺巡礼」など館内をゆったりとご覧になられたお二人は、一般の方々が「てんのうへいか~」「みちこさま~」と呼ぶ声に、何度も何度も手を振られ、お優しい表情で記念館を後にしました。実は私はずっとお辞儀をしててほとんど直接お顔は見ていないのですが、お車にナンバーが無く菊のご紋が付いていたのが新鮮な驚きでしたね~。


その時、天皇陛下が詠まれた歌が翌15年の新年歌会始でご披露され、それが歌碑となって、今も土門拳記念館のそばにそっと建っています。まるであの日の青空が目に浮かぶような、心が広々と晴れやかになる歌です。

〈庄内平野〉月山も鳥海山もさやかなり空晴れわたる山形の旅


土門拳記念館では、今上天皇ご退位記念として、その時の記録写真を展示中です(520日まで)。また51日には、改元をお祝いして土門拳のポストカードをご来館の方先着100名様にプレゼントいたします。展示は「昭和を見つめる目 田沼武能と土門拳」です。

ぜひ、展示作品で【昭和】を味わい、天皇皇后両陛下の写真と歌碑で【平成】を思い、【令和】記念の絵はがきをゲットしてください。お待ちいたしております。


続きを読む...

2019/04/21 14:53 | 思い出のあれこれ | コメント(0)

2018年10月01日(月)

今日は開館35周年!無料開放いたしております。

コスモスの咲く記念館~三木淳先生撮影の絵ハガキより~コスモスの咲く記念館~三木淳先生撮影の絵ハガキより~

こんにちは、スタッフKです。

今日は101日、何と35年目の開館記念日じゃ~。このブログを始めてから1年経過しました。もっと頻繁に書けるかと思ってたけど、結構難しいものですね。

日本中を縦断していった台風24号。酒田は今も雨風が強いですが、幸い何も被害はありません。今日は、開館記念日で無料開放していますので、お近くの方、どうぞいらしてください。


さて、今日は記憶の底にある開館当時の思い出を書きたいと思います。ど素人の私が初めて土門拳を認識したのは、昭和58年の春、酒田市図書館ですごく立派な写真集を見たのが最初かと思います。そして、秋。たぶん開館のPRのため作られたものと思いますが、偶然居酒屋かどこかで「土門拳記念館」のマッチを見つけました。その時は、「へぇー、何か立派そうな建物が近所に新しくできるのね」くらいの認識でしたが、それが写真界の巨匠「土門拳」の、日本初である写真美術館であることは、全然ピンときてませんでした。そして初めて土門拳記念館に来たのは、開館後、何週間か過ぎてから。


記念館に来る現在二車線の県道は、もちろん一車線で、公園入口には信号も無く。周囲には、公益大も酒田市美術館もかんぽの宿も国体記念体育館もグラウンドも何もなく、ただ大きな公園の池のほとりに、きれいな土門拳記念館がありました。公園のプロムナードにはコスモスが咲き乱れ、とてもきれいでした。池の周りには、まだ八重桜やアジサイも無く、三木淳先生ら土門拳の弟子たちが寄贈した松の木が植えられていて、そうそう、一本ずつに寄贈した方のネーム札が付いていました。確か「淳」とか「豊」とか名前だけ。周囲はすっかり変わりましたが、池と記念館はこのまんまです。


変わらない、でも、新しい発見がある、そんな土門拳記念館がずーっとここに、そして、皆さんの記憶にも、その時々の暮らしの中にも、建ってますように。


続きを読む...

2018/10/01 10:11 | 思い出のあれこれ | コメント(1)

2018年02月01日(木)

雪の思い出

今朝の土門拳記念館、池も凍っています今朝の土門拳記念館、池も凍っています

こんにちは、スタッフKです。

今年の冬は、日本中寒くて大変ですね。大雪や交通マヒ、凍結など、大変な思いをされている方、たくさんいらっしゃると思います。ここ、酒田も例年に比べると寒くて雪も多いです。当館でも、ここのところ毎日のように朝は雪かきから仕事がスタート。雪かきしながら「土門拳記念館が開館してから、35回目の雪のシーズン。こうして、毎年毎年、みんなで雪かきしてきたんだなー」と時間の流れを思います。

忘れられないのは、開館して初めての冬、昭和59年の1月~2月のこと。あの年はものすごい大雪で、ある朝通勤しようとしたら、土門拳記念館近くのガソリンスタンドがある交差点から先が、大雪のため通行止めで、記念館に近づけません。除雪作業が終わり通行止が解除になるまで、市内中心部にある市役所内で待機。さあ、やっと、土門拳記念館に入ることができたのは、確かお昼頃。しかし吹雪がひどく「こんな日は、お客様も来れないだろうから、3時頃で臨時休館して帰ろうか」と話をしていたら、そこに何と2名のお客様がいらして下さいました!!奇跡的!!それで、お客様がご覧になって帰る時、タクシーも混んでいていつ来るかわからない状況だったので、職員が自家用車で駅まで乗せてお送りしたと記憶しています。後にも先にも、そんな冬はあの年だけですね。雪が降ると、そんなことこんなこと思い出しながら…、今日も、いらしてくださる方々をお待ちしながら、雪かきしています。


2018/02/01 09:44 | 思い出のあれこれ | コメント(1)


ページトップ

土門拳記念館 since 1983 © Ken Domon Museum of Photography.

〒998-0055 山形県酒田市飯森山2-13(飯森山公園内) ☎ 0234-31-0028(FAX共通)
このサイトにおける画像・テキスト・その他のデータはダウンロード及び、他サイト等への転載またが印刷物等への二次使用を禁じます。