古寺巡礼 執念の第4集、5集

主要展示室
1月4日(土)~4月5日(日)  カラー・モノクロ 64点

 

 土門拳のライフワーク、古寺巡礼。今回は中尊寺、西芳寺や石仏群など第4集、5集収載の作品をご紹介します。


 第4集の編集にとりかかろうとした矢先の昭和43年(1968年)6月、二度目の脳出血を得た土門は長い療養を余儀なくされますが、写真集を世に出すため「まるで拷問のような訓練に、歯をくいしばって耐えた」といいます。撮影助手をはじめ多くの人々の支え、読者からの激励もあり、第五集の撮影に取り組みます。そうして昭和50(1975)年、第五集の刊行をもって古寺巡礼は完結したのです。第1集の刊行から実に12年後のことでした。不自由な身体をおして撮影に臨んだ土門の執念が感じ取れる作品の数々をご覧ください。


臼杵石仏群古園大日如来坐像左半面相 昭和37年(1962)



このサイトにおける画像・文字・その他のデータをダウンロードしたり
他サイト等への転載、または印刷物等への二次使用を固く禁じます。

ページトップ

土門拳記念館 since 1983 © Ken Domon Museum of Photography.

〒998-0055 山形県酒田市飯森山2-13(飯森山公園内) ☎ 0234-31-0028(FAX共通)
このサイトにおける画像・テキスト・その他のデータはダウンロード及び、他サイト等への転載またが印刷物等への二次使用を禁じます。