日本の古陶磁

企画展示室Ⅱ
11月12日(火)~12月22日(日)  カラー 31点

 「ぼくはやきものというものにまったく関心がなかった」(『古窯遍歴』あとがき 昭和49年・矢来書店)

 

 土門が「やきもの」に目覚めたのは昭和37年、美濃の古窯址を取材したことがきっかけでした。そこでやきものに対する考え方が変わっていった土門はその後、信楽、丹波、常滑、九谷、伊万里、瀬戸、備前など各地を撮り歩きます。

 こうして撮りためた作品はのちに写真集『古窯遍歴』や個展で発表され、さらに『日本の古陶磁』(昭和56年・美術出版社)としてまとめられました。




青手扇面図の平鉢[古九谷] 昭和40年(1965)

このサイトにおける画像・文字・その他のデータをダウンロードしたり
他サイト等への転載、または印刷物等への二次使用を固く禁じます。

ページトップ

土門拳記念館 since 1983 © Ken Domon Museum of Photography.

〒998-0055 山形県酒田市飯森山2-13(飯森山公園内) ☎ 0234-31-0028(FAX共通)
このサイトにおける画像・テキスト・その他のデータはダウンロード及び、他サイト等への転載またが印刷物等への二次使用を禁じます。