荻原守衛

企画展示室Ⅱ
1月4日(木)~3月2日(金)  モノクロ 30点

 日本の近代彫刻の礎を築いたとされる荻原守衛(号/碌山、1879-1910)。土門は昭和18年、信州安曇野に彼の生家を訪ね、その遺作を撮影しています。戦中すでに出版計画があったこれらの写真は、昭和46年、28年ぶりに写真集『荻原守衛』(筑摩書房)として出版されました。荻原の代表作である「坑夫」「文覚」、そして絶作「女」などが、土門のカメラアイを通して見る者に迫ってきます。

荻原守衛「女」

このサイトにおける画像・文字・その他のデータをダウンロードしたり
他サイト等への転載、または印刷物等への二次使用を固く禁じます。

ページトップ

土門拳記念館 since 1983 © Ken Domon Museum of Photography.

〒998-0055 山形県酒田市飯森山2-13(飯森山公園内) ☎ 0234-31-0028(FAX共通)
このサイトにおける画像・テキスト・その他のデータはダウンロード及び、他サイト等への転載またが印刷物等への二次使用を禁じます。